ホーム > ブログ > コスト削減 > 最新の持続可能なサプライチェーンのトレンド

ブログBlog

最新の持続可能なサプライチェーンのトレンド

2023年8月3日

サプライチェーンの管理は急速に変化し、より複雑化しています。
顧客の要求はどんどん増え、そのうえで収益を維持し、同時に「サスティナブル(持続可能)なもの」にする必要があります。
実際、サステナビリティはビジネスの成功にも繋がるようになってきています。成否を左右します。
アメリカの市場調査会社ニールセンの調査によると、消費者の55%は、会社が社会的および環境的にプラスの影響を与えることに参加している場合、より多くサービスを利用し、お金を使うことに満足しているという結果がでています。
この結果を見ると、グリーンロジティクスに取り組むことは今後の重要な課題と言えるでしょう。グリーン ロジスティクスは、温室効果ガス排出量 (GHG) を削減して廃棄物を最小限に抑えることで、サプライチェーンを環境効率の高いものにします。
たとえば、拠点を分散化させることで都市部以外の場所への輸送距離を短くし、輸送に伴う炭素排出量の削減ができます。
輸送に利用する車も、燃料燃焼型のICE車からハイブリッド車または電気自動車への切り替えも効果的です。
一部の企業では、AIを利用したグリーンロジティクスに取り組んでいます。
AI を使ったルート最適化ソフトウェアは、天候や交通状況、障害物、配達時間枠、その他の制約を計算し、配達ルートの最適化をすることで、余計な燃料を使わず時間通りの配達を実現させます。
受発注についても、顧客の購入履歴から需要を予想し、過剰な出荷を抑えることで輸送の排出量を削減し、シーズン終わりの無駄な在庫を減らす仕組みを作ることができます。
企業ごとにポイントが異なるので、グリーンロジティクスに向けた課題を検討してみてください。

pagetop